管理人の独り言
09年6月

20日

麻生は野垂れ死にになると思う

民主党の小沢一郎代表代行は12日、衆院解散に関して「(会期末の7月)28日までにできなければ、麻生太郎首相はそのまま野垂れ死にになる
だから、会期中に間違いなくあるだろう」と指摘した

一方、アホウ太郎は19日、衆院選日程について、官邸で記者団に
「まだいろいろ法案が残っているので、しかるべき時期に最終的に私が判断する」
と馬鹿の一つ覚えのセリフを繰り返した

決断力の無い優柔不断な麻生は、最終的に『衆院選日程は任期満了後に私が判断する??』というつもりらしい()

麻生は最終的に解散権を行使できず、『野垂れ死に解散』になると予想される

今まで何度も衆院解散のチャンスがありながら、先送りしてきた麻生は、巷間、言われている様に、
子供が欲しかった玩具を手に入れたら、寝る時も離さないように、麻生は『総理の椅子』にしがみつく、まるで、駄々っ子のように、大人になれない、さもしい人物である

麻生は『半径1.5メートルの男』と言われているそうである

その意味は、おそらく、自分の廻りに寄ってくる人間には気を使うが、それ以外は無視するというか、無関心なのでしょう・・

そんな麻生に、9月選挙を予想して、替え歌『九月の票』を捧げてエールを送りたいと思います()

『九月の雨』
作詞:松本隆
作曲:筒美京平
歌:太田裕美

替え歌『九月の票』

票のゆくえ こわごわ見てた 
民主にうず巻くイリュミネーション 
あきらめ噛みしめマイクの前で 
自公の敗北ポツリと告げた 
September 票 票 
九月の票は冷たくて 
September 票 票 
思い出にさえ沁みている 
負けがこんなに辛いものなら 
私議員で生きてゆけない 
September 票 
九月の票は冷たくて

自公が消え行く国会議事堂 
あなたと座った椅子はもう無い
さっきの電話で あなたの肩の 
近くで笑った女は誰なの?
September 票 票 
九月の票は厳しくて
September 票 票 
自公の議席は減らされた 
議席がこんなに少ないのなら 
総理の椅子にたどりつけない 
September 票 
九月の票の厳しさに

友愛で過ごせる 心があれば
人ってどんなに幸福かしら
ライトに浮かんで流れる傘に
自公の最後が見える気もした
September 票 票 
九月の票は優しくて 
September 票 票 
涙も洗い流すのね
愛が昨日を消して行くなら
私民主と歩いてくだけ
September 票 
九月の票は冷たくて
September 票
九月の票は優しくて 

September 票 票 
涙も洗い流すのね
愛が昨日を消して行くなら
私民主と歩いてくだけ
September 票 
九月の票は冷たくて
September 票
九月の票は優しくて

27日

都議選は惜敗を期して戦う・・byアホウ太郎

麻生太郎首相が20日、東京都文京区の都議選立候補予定者事務所を訪れて激励した際、「前回、僅差(きんさ)で惜敗を喫したが、ぜひ皆さん方のお力添えをいただいて、今回は必ず惜敗を期して」と挨拶した

同席した深谷隆司元通産相から何度か「必勝です」と耳打ちされ、首相はしどろもどろになりながら、「再び勝って、必勝を」と言い直した

自民党は都議選で苦戦が予想されているだけに、周囲からは笑いにならない笑いが漏れた

このようなアホウ太郎の醜態に、ブログ『ある女子大教授のつぶやき』に面白い見方が載っていたので紹介します

『字が読めなくても、漢字が書けなくても、首相としてはあまり馬鹿にしてきたつもりはないが、都議会議員選挙の応援演説で「この選挙では惜敗を期して戦っている」という言葉を聞いたときには、背筋が寒くなった。
単なる言い間違いというよりは、普通の単語が頭に思い浮かばないことのようだ。
「必勝」というところを、言い間違えたというが、このように言葉の使い方を誤ることは、普通の人にはあり得ないことであろう。
単なる誤りではなくて、頭の底から出てきた言葉のように聞こえた。
自民党の衆議院議員ではなくても、リーダーとして担ぐには不適当と思う人が多いと思う。

これではまずいと思ったのか、有楽町の家電量販店を視察して、電子辞書を購入して「少々アホでもちゃんとできる」と報道陣に自虐ネタを披露して、笑っていた。
しかしながら、長年、政権を担ってきた政党が、このようなことで、簡単に政権を引き渡すはずはない。
自分でアホと言って、相手に油断させる作戦もありうる。野党は油断大敵である。』

なるほどと思いました

そういえば戦国時代、相手に油断させる作戦で成功したの武将がいましたネ・・

有名なのは、織田信長です

ご存知の通り、信長は若い頃、異様な格好をしては異常行動を取り、 「うつけ者」と呼ばれ、周辺の武将達に『信長、恐るるにたらず』と思わせる事に成功した

また江戸時代の加賀藩三代目当主の前田利常は、加賀百万石を徳川幕府によるお取り潰しから護る為に、自分に謀反の疑いがかけられた時、わざと鼻毛を伸ばしてバカ殿を装った

ブログ『ある女子大教授のつぶやき』の指摘のように、万が一、麻生太郎の一連のアホウな言動は、実は、相手(野党&国民)を油断させる為の作戦であったなら、そして来る都議選&衆院選で自公政権が圧勝したならば、麻生太郎は100年に一人の名宰相として歴史に名を残すことでしょう・・(冷笑)

そんな100年に一人の名宰相・アホウ太郎に応援してもらえない小泉チルドレンに、自民党の『惨敗を期して』応援歌を捧げて、今週は締めさして頂きます

フランスでは、肥沃な土地に、良いワインの出来る葡萄は育たないと言われています

痩せた土地で鍛えられた葡萄が、良いワインを造るのです・・ファイト!

『ファイト!』
作詞・作曲・歌
中島みゆき

替え歌『チルドレン・ファイト!』

あたしチルドレンやからね 地盤をもらわれへんのやと書いた
チルドレンの手紙の文字は とがりながらふるえている
ガキのくせにと頬を打たれ チルドレンたちの眼が年をとる
悔しさを握りしめすぎた こぶしの中 爪が突き刺さる

私 本当は目撃したんです次期衆議院選挙 公認で
ころがり落ちたチルドレンと つきとばした麻生のうす笑い
私 驚いてしまって 助けもせず叫びもしなかった
ただ恐くて逃げました 私の敵は 麻生です

ファイト! 闘うチルドレンの唄を
闘わない麻生が笑うだろう
ファイト! 冷たい水の中を
ふるえながらのぼってゆけ

暗い水の流れに打たれながら チルドレンたちのぼってゆく
光ってるのは傷ついてはがれかけた票が揺れるから
いっそ水の流れに身を任せ 流れ落ちてしまえば楽なのにね
やせこけて そんなにやせこけてチルドレンたち落ちてゆく

勝つか負けるかそれはわからない それでもとにかく闘いの
出場通知を抱きしめて チルドレンは泡となりました

ファイト! 闘うチルドレンの唄を
闘わない麻生が笑うだろう
ファイト! 冷たい水の中を
ふるえながらのぼってゆけ

無所属で選挙に出れば あと足で砂ばかけるって言われてさ
出てくならおまえの身内も住めんようにしちゃるって言われてさ
うっかり立候補したことにして やっぱり立候補せんかった杉村タイゾー
無職で返すけん待っとってよ 滲んだ文字 札幌ゆき

ファイト! 闘うチルドレンの唄を
闘わない麻生が笑うだろう
ファイト! 冷たい水の中を
ふるえながらのぼってゆけ

あたし民主だったらよかったわ 力ずくで麻生の思うままに
ならずにすんだかもしれないだけ あたし民主に生まれればよかったわ

ああ チルドレンたちの群れきらきらと 政権交代の波に流される
諦めという名の鎖を 身をよじってほどいてゆく

ファイト! 闘うチルドレンの唄を
闘わない麻生が笑うだろう
ファイト! 冷たい水の中を
ふるえながらのぼってゆけ

ファイト! 闘うチルドレンの唄を
闘わない麻生が笑うだろう
ファイト! 冷たい水の中を
ふるえながらのぼってゆけ

ファイト!

HOME