管理人の独り言
09年11月

7日

談合社会・日本に未来は無い!!

先の衆院総選挙では、脱・官僚依存を党是に掲げ、大衆の圧倒的な支持を得て、民主党は大勝したのであるが、あの日から二ヶ月経ち、徐々に、談合社会・日本に巣食うシロアリ共が燻り出されてきたようである

談合と言えば建設業界であるが、『八ッ場ダムを6知事が合同視察』には笑っちゃいました

この6知事は、ダム利権にどっぷりと浸かっているのですね()

ダム利権に毒されている6知事とは、石原慎太郎(東京)、橋本昌(茨城)、福田富一(栃木)、大沢正明(群馬)、上田清司(埼玉)、森田健作(千葉)であり、いずれもダム建設の推進を求めている

今回の視察は石原知事が呼びかけた

石原知事にとって、八ッ場ダム中止騒動は、石原自身が招いた、オリンピック招致失敗、新銀行東京問題や築地移転問題の目くらましに、格好の出来事であったようである

そもそも、この八ッ場ダムの治水効果について、群馬選出の時の総理・福田康夫総理が国会で、治水効果は0であると答弁している

そんななか、6知事の内、民主党系の上田清司(埼玉)知事も同調した事は、ちょっと情けなかった

これで、再選は消えたと断言できると、居酒屋のおっさんが叫んでいましたよ()

今週も秀逸なブログからの引用です()

ブログ『四方山話』より・・

高度経済成長時代を経て築かれていった金権政治、その中枢で田中角栄・金丸信は、さまざまな業界と癒着し「カネと票」を集めることで権力を掌握した。特に、建設業界並びに旧建設省(国土交通省)官僚とは一心同体の癒着構造を築いた。土建業者、官僚、政治家の三者が癒着し、国民の税金を分け合う共存・共栄の爛れた関係を保持した。上は総理大臣・国会議員から下は県知事・市町村長・地方議員に至るまで利権に群がる強固な田中・金丸軍団を形成した。

この金権政治の系譜に位置する小沢一郎は田中角栄と金丸信の嫡出子である。国土交通省官僚や土建業者との濃密な関係を相続した。彼の主張の明快さ揺るぎなさに強い指導者像を見る人は多いが、政界再編というドラマを仕掛け、結局、失敗を重ねてきたのが小沢政治史であり、その自爆癖が気にかかる。安部、福田の場合は政権放棄は唐突にやってきたが、小沢の場合は常にその予兆が顔に表れている。権謀術数の政治の世界で生きてきた人間が仕掛ける権力闘争は剛腕を要する。

岩手県・宮城県をはじめ東北地方の公共事業をどの企業に発注するかは本来「競争入札」で公正になされることになっているが、実態は国土交通省官僚と県知事等が談合して決める「指名入札」になっているようだ。官僚・地方自治体首長並びに土建業者に影響力を持つ政治家が食い込み「不公正入札」を強要する余地が生まれる。その小沢一郎も西松建設の企業献金問題で検察の手が伸びている現況であるが、自民党の閣僚にもその手が伸びている。どの政治家も政治資金規制法の網の目から逃れ政治を動かす血となる献金の取得に政治生命を賭けている。

日本の社会では全て談合で成り立っている、身近なところでは町内会の会長がいて地区には長がいる、何事も話し合いで摺りあいをして事は決まる、政治もこの延長線上に位置する。最近では郵政の簡保の宿のたたき売りなども,オリックスとの不透明な疑惑がらみでご破算となったことは記憶に新しいところである。なあなあおいおいで抜け駆けをやると嫌われる、裏切り者の汚名はそこから生まれる。麻生氏も小沢氏もそこから生まれた、アートの世界も同じ、画壇にしろ工芸にしろこの構図は変わらない。

実質的に日本を動かしているのは官僚で政治家ではない、行政改革がたびたび叫ばれたがそのつど官僚に潰されてゼロ地点に戻る。国民の民度の低さがそれに輪をかけて改革の足を引っ張る、まるで官僚が言う通りにしろと命令を出して、それに素直に従う構造が出来上がっているようだ。欧米ではこの構造がない、指導力を発揮できないリーダーはやがて蹴落とされる。日本では逆に目だつリーダーは皆に寄ってタカって引き摺り下ろされる。リーダー不在のこの国の前途は多難である。

引用終わり

自分の考えに近いブログを発見すると、嬉しくなるのは管理人だけでしょうか・・

今後もこの方式を堅持していく方針です
決して手抜きではありません()

天の声とか官製談合とか、良く聞きますが、ずる賢い官僚たちを監視&コントロールする仕組みを定着させるには、強力なリーダーシップを持った人物が必要です

庶民が民主党に望むのは、この閉塞感のある現状打破であると思います

マスゴミが書き立てる民主党の二重権力構造など、民主党が掲げる政策を推進する上で、まったく問題ないと思う

豪腕が悪徳ペンタゴンを壊滅させる事を期待して、今日のパクリ独り言はお仕舞い!!()

14日

自民党と公明党とは、もう未来を共生できない!!

なぜ、自民党は野党に転落したのか?
そして、今後の政界はどうなっていくのか?

マスゴミの論調は、大体、次のようである

・有権者の大多数は、自民党にお灸をすえる為に、今回は民主党に投票した
・民主党の政策を評価した上で、民主党に投票した訳ではない
・国民の大多数は、民主党政権は長く持たないと思っている
・自民党の復活を国民の大多数が望んでいる

つまり、マスゴミは、反民主党、親自民党のキャンペーンを、いまだに続けていると言う事である

しかし、過去50数年間の自民党政権での膿は全て出しきって復活を目指すなら、まだ望みがあるが、臭いものに蓋をする式の復活もどきには、国民が騙される事は無いと確信している

『かさぶたに再びかさぶたを重ねた議論をしない』と主張する民主党を国民は支持し、今後4年間の日本を任せたわけである

現状ありきからのスタートは、国民は望んではいない

そんななか、無駄遣い排除が目的の事業仕分けが始まった

反民主党勢力は、早急に成果を求め、初日の成果は、たったの25億円の削減しか出来なかったとのネガキャンをはって、こきおろしている

そもそも、年金問題ひとつにしても、野党時代の民主党が参院選で勝利した時から、徐々に解明されてきたのである

自公政権が続いていたら、間違いなく、年金問題は隠蔽され続け、うやむやになっていただろう・・

国民のほとんどは、この事業仕分けが、税金無駄遣い排除の第一歩だと思っている

とんでもない税金の使われ方が、徐々に明らかになっていくと思うが、異常な使い方には、今後、懲罰も含めた法改正が必要だと思っている

管理人の若かりし頃に聞いた話であるが、外交官は3年間の海外勤務をすると、家が一軒建つと言われたものである

その当時は、そんなものかな〜と思っていましたが、国の借金が860兆円とか聞くと、この事業仕分けは徹底的にやれ!!と強く思うのは管理人だけでしょうか・・

21日

お前らは火事場泥棒か!!

火事場泥棒とは・・

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によりますと・・

火事場泥棒とは、火事で混乱した現場で窃盗を働くこと、または窃盗を働く者。転じて、人々が混乱している中で利益を得ること、または利益を得る者。
と、あります

まさに白昼堂々と火事場泥棒をしでかした連中がいます

以下、掲示板『阿修羅』より転載

【自民党前総裁】麻生2億5000万持ち逃げか? 官房機密費で共産党指摘
共産党の塩川鉄也衆院議員は20日の衆院内閣委員会で、鳩山内閣が発足する直前の麻生前内閣時の9月1日に内閣官房機密費2億5000万円が支出されたと指摘した。
平野博文官房長官は「今、初めて承知した」とした上で、鳩山内閣発足時に引き継いだ時点で官邸内の金庫には機密費が「まったくなかった」と明言した。
塩川氏は使途について「麻生内閣が衆院選につぎ込んだ費用の後払いでは?」と追及したが、平野氏は「河村建夫前官房長官に聞いてほしい」と述べるにとどめた。
塩川氏が入手した資料によると、自民党を中心とした政権だった2004年度からの機密費の支出が判明。
毎年度4月だけが2億円で、それ以外はほぼ1億円となっている。
衆院選直後の今年9月1日だけが2億5000万円と突出している。

関連:
【麻生内閣時】機密費、7億1460万円支出 内閣官房が情報公開
今年四月から八月までの内閣官房報償費(機密費)の支出額が、計七億千四百六十万円であることが、二十日、分かった。NPO法人「情報公開市民センター」(東京都新宿区・高橋利明理事長)の、内閣官房に対する情報公開請求で明らかになった。
また、共産党の塩川鉄也議員によると、総選挙後の九月一日にも二億五千万円が支出されていた。
本年度の官房機密費は昨年度と同額の約十四億円を計上している。
公開された「支出計算書」によると、月ごとの支出は▽四月 二億四千百万円▽五月 一億千六百八十万円
▽六月 一億千九百万円▽七月 一億千九百万円▽八月 一億千八百八十万円。
この五カ月間に官房長官だった河村建夫氏が一回五千万円ずつ十二回にわたり計六億円を請求していたほか、内閣情報官の三谷秀史氏も二千四百万円請求している。
残りの金額や請求先は明らかにされていない。
現在の平野博文官房長官は十九日の会見で、九月十六日以降、二回にわたり計一億二千万円を内閣府から受け取っていると述べた。

コメント一覧

さしあたって、松涛幼稚園運動会のパー券でも発行しますか。
2009/11/20 21:47

答える立場にない―河村氏 機密費2・5億円支出
麻生前内閣が衆院選で惨敗した直後に内閣官房報償費(機密費)2億5千万円を国庫から引き出したことに関し、当時官房長官だった自民党の河村建夫氏は20日午後、国会内で記者団に「政権にある立場ではないので、お答えする立場にない。使途は非開示だ」と説明を避けた。
「政権交代確定後の引き出しはおかしいとの指摘もある」との記者団の質問にも「私の判断だ」と強調。
平野博文官房長官が「官邸の金庫に残金はなかった」としていることには「引き継ぎはきちんとした」と述べるにとどめた。
2009/11/20 22:15

もし姑息に自民党借金弁済にあてたとすれば、麻生クンにはイタリアでかすめとられた米国債10兆円分も弁済してもらわねば。
2009/11/20 22:28

官房機密費は景気対策だと言い張ればよいではないか。 N.T
2009/11/20 22:36

こんなぁ、はずではぁ、なかあったのにぃ〜♪
なんて歌ありましたね。
2009/11/20 23:51

アソー氏はコミックを全部ebookoffで換金すべし!
2009/11/20 23:53

<景気対策>
つまり、印刷チラシ業浮揚と2ch・ニコ動の通信網インフラに寄与したと言う訳ですね。
2009/11/21 00:11

>鳩山由紀夫首相は20日夜、この点について「政権交代が起きるときはこういうものではないか。
あまり旧政権をとやかく言うつもりはない」と述べた。
いや、言うべきことだろ!!
2009/11/21 00:51

泥舟−ジミンはやはり掃除してよかった。
まだ、掃除が足りねえ。国会にでてやることもやらねぇで、どっかで寝て腐る。
まさに、この官房機密費の問題は「盗人に追い銭」だ。
「気の抜けたサイダー」が目をポチポチさせていたが、「俺が持って行ったわけでもないんだけど」だな。
十何億の金が国民に「使途不明」の形で使われるわけだが、アメリカみたいに機密情報の解除の期間を設けて、公文書公開の対象にすべきだ。
泥舟−ジミンもネトライキしている穴から早く出てこないと、かの沖縄戦の辺の古の英雄シュワブ上等兵の火炎放射器の炎で焼き殺されちゃうよ。
チンボー、バター犬−田原が強行採決、強行採決とまた週末騒ぐだろう、シュワブ上等兵は機関銃弾かいくぐって、隠れている洞窟に火炎放射器の炎を浴びせ、と、講談みたいになってきたな。面白い、面白い。
ハトちゃんは優しすぎるね。
2009/11/21 01:43

以上、転載終わり

政権交代して、本当に良かった()

血税を自分らのお小遣いにして使っていた実体が垣間見えましたネ

自民党&公明党政権時の出鱈目さを徹底的に洗い出して欲しいと思うのは管理人だけでしょうか・・

28日

迷言?自公議員に捜査の手は及ばないは過去のもの!!

やっとこさと言うか、いやいやながらと言うか、東京地検特捜部が重い腰を上げたようである

大手マスゴミが報じない・・西松献金問題での起訴は何故、民主党・小沢氏関係者だけなのか、何故、名前の上がった自民党議員関係者は起訴されないのか・・
国民の多くの人が疑問に思っている事を一切せず、あからさまに旧権力者の為にだけ動いてきた東京地検特捜部に変化の兆しが出てきたようである

以下、ニュースより抜粋

<西松献金>二階氏秘書を立件へ 政治資金規正法違反容疑で

準大手ゼネコン「西松建設」が、自民党の二階俊博前経済産業相が支部長を務める「自民党和歌山県第3選挙区支部」に個人献金を仮装して寄付していたとされる問題で、東京地検特捜部は二階氏の政策秘書を政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑で立件する方針を固めた模様だ。

関係者によると、西松建設は06〜08年、政治資金収支報告書に寄付者名を記載する必要のない1人5万円の個人献金60人分を仮装して年間300万円、計900万円を同支部に送金したとされる。特捜部は、政策秘書が支部の会計実務を担当していたとみており、西松建設からの資金提供と知りながら、個人からの寄付と偽った政治資金収支報告書を作成・提出した疑いがあるとみている模様だ。

政策秘書は二階氏の古参秘書として東京・永田町の議員会館を拠点に二階事務所の事務や選挙を取り仕切っていた。地元秘書らによると、地元団体や業者などからの二階氏への要望はすべて政策秘書が取り次ぐ形になっており、周囲から「お互いを知り尽くした仲」と見られているという。

政策秘書は毎日新聞の取材に、自らは会計責任者でないことから「責任者は別にいるし(西松の裏金のことも)知らない」と関与を否定していた。

抜粋、終わり

またまた、東京地検特捜部からのマスコミリークらしいが、民主党政権下では、このマスコミリークも早急に禁止させるべきである
そして、捜査方針や記者会見はオープンにするべきである

二階氏秘書の起訴については、二度も起訴請求を退けたが、民主党政権になって2ヶ月が過ぎ、東京地検特捜部幹部も、もはや、自公政権時のように、いい加減な事も出来なくなったと覚悟を決めたのか・・、はたまた、来年の人事異動での噂が民主党幹部からリークされたのか・・()

日本の仕組みを根本から変えようとしている民主党を支持した民衆は、既に覚悟を決めている

マスゴミが連日のように書き立てる民主党議員のお金の問題・・最近は菅副総理も俎上に上がったようであるが、お笑い種である

覚悟を決めて民主党を支持した国民は、多少の事では揺るぎません

戦後、政治家を儲かる商売にした自民党に大衆は怒っているのである

何代も続く利権の継承が不公平であり、公平な競争を阻害しているから怒っているのである

この際、利権に絡む政治家は、与野党問わず、起訴・逮捕&自主引退を強く望みます

なんか、皇室関係者口調になってきましが、あるブログで、民主党政権時での『改革の本丸は、司法・検察・警察組織だ!!』と言っておりました

小沢一郎対検察の、終わりなき戦いも、一気に決着が付く予感がするのは、管理人だけでしょうか・・

HOME