管理人の独り言
09年10月

17日

東京地検特捜部が日本のガン!!

管理人は、世の中の動きを俯瞰的に見られるサイトを重宝しています

最近、管理人のブラウザのお気に入りのトップには、掲示板の『阿修羅』が鎮座しております

管理人のお気に入りのランク付けは厳しいですよ・・()

ほぼ、毎日ランクが入れ替わります

お!! いいなと思ったサイトでも気に入らない発言があれば、即、情け容赦なく削除します()

そんななか、『阿修羅』は、ここんとこ、ず〜とトップです

中身が濃いのです

ここ数日の話題が人気ランキングになっており、世の中の動向がつかみやすいですネ

今までは、2チャンネルのニュースヘッドラインを多用しておりましたが、ご存知の通り、このサイトは騙しが多く、いつもイライラしておりました

一方、『阿修羅』は、投稿内容の質も高く、騙しもほとんどありません

最も、騙しの投稿は上位に来ないので、見る機会もないでしょうが・・

さて、今日のタイトルの 『東京地検特捜部が日本のガン!!』は『阿修羅』掲示板からの転載です

ブログ『大変化の今を生きる』より

東京地検特捜部が日本のガン!と思えてきた。
日本に明るい未来を取り戻すために 東京地検特捜部が どうも がん細胞のように思える。
ここを 切除しないかぎり 明るい未来は訪れないのではないか?
どうも 正義感とバランス感覚が完全に欠如している。
自民と企業の巨悪を完全放置にし、政権が変わった途端 マスコミを完全に掌握して 政権の足を引っ張り倒している。
そう見ても おかしい。もう日本は末期がんの様相で切除も難しそう。
どこまで べったりこびり付いているのだろうか?

まだまだ、続きます()

東京地検の しつこいまでの国民への愚弄

東京地検はなんとしても自民とアメリカのために 民主潰しに必死のようである。完全に国民にはそう映る。
マスコミも地検を援護する。まったく国民を愚弄している。民主主義は完全に幻想で アメリカ追従を必死に 企てる。イギリスにイタリアを売ったと同じムッソリーニのように。以下 鳩山潰しのニュースである。
久しぶりというか 何十年ぶりに国民のほうを 少しでも向いた首相に なんとしてもクーデターを起こしたいようだ 以下ニュース抜粋

鳩山由紀夫首相の資金管理団体をめぐる偽装献金問題で、東京地検特捜部が14日までに、首相の実母らを含む鳩山家の資産管理会社「六幸商会」(東京都港区)から、経理資料などの任意提出を受けていたことがわかった。事件関係者が明らかにした。 首相は、故人などの名義をかたって偽装された献金の原資は自己資産だと説明してきたが、特捜部は、首相本人以外の鳩山家の資金が流入していないか調べるため、支出記録などを分析し、原資の解明を図る方針だ。

小沢一郎秘書逮捕の東京地検の特捜部長の就任時会見
「いい事件やりたい」 佐久間新特捜部長が会見
 14日付で東京地検特捜部長に就任した佐久間達哉氏(51)は同日、東京・霞が関の法務・検察合同庁舎で記者会見し、「悔いのないよう、いい事件をやっていきたい」と抱負を述べた。
特捜部勤務は1年半ぶりで、通算4回目。
「社会のシステムを腐らせてしまう犯罪を暴き出し、摘発するのが特捜部の役割」と強調。「わいろによって政治が左右される汚職事件を摘発し、インサイダー取引など(経済の)ルールを揺るがすような不正な取引にも焦点を当てていきたい」と意気込みを語った。
実際の捜査については「(批判を受けないよう)しっかりとした取り調べが必要。高い志を持って仕事をしてほしい」と部下への期待をにじませた。
佐久間氏は横浜市出身。1983年に任官し、在米日本大使館1等書記官、法務省刑事課長、東京地検特捜部副部長、同地検総務部長などを歴任した。

どうも この佐久間という方は なんとしても鳩山さんの足を引っ張り 「いい事件」という個人の成績に固執しているようだ。おそらく在米日本大使館時代の付き合いでアメリカからのご褒美でもあるのかもしれない。なぜ こんな地検は国民を暗澹な気分とさせる行動に走るのだろうか?よほど 何かおいしいキックバックがあるに違いない。疑問である。、「キヤノン」の御手洗とコンサルタント会社「大光」代表、大賀規久のあきらかに犯罪性の高い事件は完全放置している。御手洗は完全に逮捕に値するのではないか?彼らは 記者クラブを飲み会で手なずけ、あからさまにマスコミを操作し オーバーにするものはオーバーに、目立たなくするものには目立たなく いとも簡単に操ってのける。自民と佐久間の関係は 完全に国民を愚弄している。少なくとも私にはそう映る。

コメントも怒ってますよ・・検察さん!!

特捜が、清潔ぶるなど笑止千万。三井氏に裏金を暴かれそうになって別件逮捕。
唾棄すべき連中だ。
国民が選んだ政権を何としてもつぶしたいようだ。民主主義を一から勉強しろ。

「検察」から連想する言葉を羅列するなら・・・
存在自体が悪。国民に信頼されない組織。きちがいに刃物。法の傘をかぶった暴力団。
もう、形容のしようがない。
検察組織の大幅見直しか廃止しかないですね。
検察庁の廃止法案出せないんですかねえ。
自公がよくやってた、強行採決でやれば、OKだと思うんですがねえ。

政治家の汚職、大型脱税など特殊な事件は検察が独自捜査を行いますが、この独自捜査がクセモノ。検察側に都合が良い捜査案件を選んでいるとしか思えない事が多すぎる。国益を棄損するような検察はいらない。

調査活動費の裏金化という公金横領、日本国民のためではなく事件をでっち上げてでもアメリカに尽くす売国組織の手先であるといわれている。ciaの教育研修を受けた者しか出世できない組織であるという。これは紛れも無く犯罪組織ではないか。それを我々国民は高級官僚として多額の税金で養っている。捜査権、逮捕権、控訴提起権迄与えて。民衆を困らせ、憎まれ者鼻つまみ者のヤクザ、暴力団に十手を与え二足のワラジを履かせた様なものである。我々日本国民の税金を喰い物にして民意を無視し、私利私欲に走る組織は当然解体である。ほとほと情けない連中が集まったものだと嘆かわしい。一人として検察の正常化を組織内から訴える者が出ないのも不思議である。正義に燃え日本国民のため立ち上がる検察官が一人もいないとは世も末である。組織が腐っている証拠ではないか。三井環元公安部長の別件逮捕が見せしめになっているからか。そうであれば、まさに犯罪組織の鉄の掟である。世の検察官に問う『こんな検察で恥ずかしくないのか。検察を正せないで日本国を正せるのか』

国民は本当に怒っています

自公議員の捜査が先か、東京地検特捜部の解体が先か・・

楽しみが増えました()

24日

日本の検察、警察、司法、自民党、マスコミはCIAの手先だ!!

いよいよ、来週・10月26日に臨時国会が召集され、本格的な国会論戦が始まります

鳩山総理は、民主党の公約であるマニフェストを推進するよう各大臣に指示を出していますが、民主党の公約は、自民党の口約と違うんです!!と強調しておられました

小泉元首相は政党の公約なんて、守らなくても良いんだ!!と豪語しておりましたが・・

鳩山総理は、小鼠元総理ほど悪党では無いようですので、おそらく、首相在任中に出来るだけ公約を実行する努力をされるだろうと期待しております

そんななか、相変わらず、マスゴミ連中の民主党たたきは続いておりますが、なぜ、大手新聞社5社が、こぞって、国民が選択した政権党を執拗に攻撃するのか・・

その答えを明確に出してくれる投稿を見つけました

そうです、今週も『阿修羅』からの引用です

政権交代という、大仕事が終わったせいか、ここんとこ、独り言にも手抜きが目立ちます()

引用始め

CIA東京地検、CIAマスゴミ、CIA検察、警察、CIA司法 CIA自民党と考えたら、すべてのもやもやが晴れました。

2009年10月18日(日曜日)無欠革命記念日より7週間

日本東京地検、日本マスゴミ、日本検察、警察、日本司法、日本自民党と考えるから、毎日(なんでだろう、なんでだろう)と苦しまなければなりません。

CIA東京地検、CIAマスゴミ、CIA検察警察、CIA司法 CIA自民党と考えたら、過去、現在、未来にわたり、彼らが日本国民のために、本来の仕事をすることは未来永劫ないことが理解できます。

そして、見えてきたのが、悪徳ペンタゴンの司令塔が、がめりかである点です。
戦後65年立ちましたが、悪徳ペンタゴンには、もうDNAの中に、がめりかが組み込まれてしまったのかもしれません。

2009年8月30日は闘いの火ぶたが切って落とされた日です。
まさに闘うのは、(まるごしの日本国民と)CIAマスゴミ、CIA検察警察、CIA司法 CIA自民党です。

考えてみれば、原子爆弾を落とし、超早期に現地に入り、調査を開始した(広島、長崎市民をモルモットと考える、がめりかです。)
当然、衷心よりの【お詫び】があって当然なのです。
がめりかの表と裏の限りない醜悪な外交姿勢、世界観が見えます。

2009年8月30日より本当の戦後処理が始まったとも考えます。
日本人の手による戦後処理です。
無血革命政権民主党を中心とする、武器を持たない日本人民による、(CIAマスゴミ、CIA検察警察、CIA司法 CIA業界)を日本マスコミ日本検察警察 日本司法 日本業界に)刷新してゆく戦後処理です。

これからの日々は、あるいは、激しい、日々である。
日本人にとりタブー視されてきた、がめりかの(閉ざされて言論空間)を飛び出し、微妙な、おそろしい空間にも切り込まなくては日本の未来はありえないからだ。

(閉ざされた言論空間)に対して勇気をもって生きてこられた、植草一秀先生を見よ!
小沢一郎一郎先生を見よ!
鳩山由紀夫先生を見よ!
中川大臣を見よ!
そして小泉竹中売国政治に警鐘をならしこの10年間で、不審死、自殺、冤罪のかずかずを見よ!
がめりかを司令塔とする悪徳ペンタゴンとの闘いはすざましいものなのだ。

ここにわれわれ、祖国日本を愛し、祖国日本のアイデンテテイを置く、ネチズンは、ゲリラとなり、民主党党政権の闘う閣僚や、代議士の先生を市井に居て断固たる決意で、守り応援してゆこうではないか!

日本マスコミにはコに点々がないゴ→コにご注目下さいね。
思いを込めています。

静岡、神奈川の補欠選挙、2010年参議院銀選挙民主党圧勝に向けて前進しよう。
我々は前進している。
2009年3月3日の小沢いちろう先生公設秘書国策逮捕、2009年8月3日の植草一秀先生の国策収監の涙の日と比べると、無血革命により、民主党政権が誕生している。

これから、緩和されるであろう、選挙運動でのネット運動の解禁、戸別訪問解禁は嬉しい改正である。
我々、ネット市民は、国民のための国民による国民の政治を第一とする、民主党を力強く応援してゆこう。

たおやかに、雨にも負けず、激しい情熱をもち、無血革命、政権民主党をささえる星火燎原の小さな星の誇りを持ち、小さな星の集まりを(さらにさらに)広げて、燃えさかり、燃えあがり、新しい日本を創る、燎原の火として行こう。

引用終わり

新宿の姥捨て山=戸山団地の住民=老人が政権交代に関するインタビューに答えていました

インタビュアー:『政権交代後の新政府に何を期待しますか?

老人:『何も期待していない・・政権交代しただけで充分だよ

この老人の言葉がすべてを物語っています

自公政権は、国民の為の政治をしてこなかったのが、実感できる話です・・

31日

こんな日本に誰がした!!

鳩山由紀夫首相の所信表明演説に対する各党の代表質問が28日から衆院本会議で始まった

管理人の、かねてよりの日本の政治に対する不安が、初日から一気に噴出した

管理人が怯える憲政史上最大の不安とは・・

随分、引っ張りましたネ()

それは、自民党が、まともな野党として、まともな質問が出来るのかの一点に尽きます

民主党が真の国民政党として成長出来るかは、ライバルである、まともな野党が存在してこそ成り立つと、管理人は考えております

おそらく、小沢幹事長の掲げる政権交代可能な2大政党制とは、実力伯仲の2大政党がしのぎを削って論戦を戦わすような形かな〜と漠然と推察しています

しかし、今の国会は、1強5弱かな〜と思えます

いまだに、衆院選敗戦の反省や自公政権時の総括をまともにせず、民主党攻撃だけに没頭する野党では、来年の参院選の前に自壊し、消滅すると思うのは管理人だけでしょうか・・

以下、国会答弁からの抜粋です

初の国会答弁に臨んだ首相は、衆院選マニフェスト(政権公約)について「国民との契約であり、必ず実現すると宣言した
もし4年後、達成できなかったと国民から思われたら、政治家として責任を取る」と明言した

代表質問初日には自民党の谷垣禎一総裁と同党の西村康稔政調副会長、公明党の井上義久幹事長が登壇

谷垣氏は「民主党マニフェストは羊頭狗肉だ」などと声を張り上げた
先の衆院選後、自民党支持率は低迷しており、参院静岡、神奈川両補選にも大敗
国会での論戦に何とか活路を見いだそうと、園田博之幹事長代理と何回も推敲(すいこう)を重ねた原稿だ

財務相経験者でもある谷垣氏は、財政再建論者。鳩山政権の来年度概算要求を「ばらまき」と批判した谷垣質問に対し、鳩山首相は言い放った

「あなた方に言われたくない。より正確に申し上げれば、こんな財政にしたのは誰なんだ」

鳩山政権が発足間もないだけに、現政権への批判はそのまま旧自公政権の自己批判につながる可能性もある
米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設計画を巡り、鳩山首相は「今まで10年以上結論を出さなかったのは、どの政権なのか」と切り返した

『阿修羅』での谷垣氏に対するコメントを紹介します

谷垣氏ら自民党は、本当に何も見えていないようだ。今まで逆に民主党はこういう指摘をする機会がなかったが、これは小泉・竹中自民党の総括のひとつとして大切なシンプルな指摘だろう。多くの人がその通りと思ったであろう、分かりやすい事実だ。
にもかかわらず、こうして自民党は醜態をさらしている。何にでも反発するのが野党だと思っているようだが、物凄い勘違いをしている。素直に自分たちの非を認めないのは勝手だが、それは自民党の崩落に拍車をかけていくだけだろう。勘違いしてもっと醜態を晒してくれ、自民党議員たちは。それにしても、こんなお粗末な連中が政権の座にずっと就いていたというありえなさに改めて驚く。麻生の時より酷い人材難という感じだ。民主主義において、大衆がこういったありえない連中を生み出したのだ。

コメント終わり

自公政権時の答弁原稿は、官僚まかせであったが、これからは自前で作成しなければならなくなった

今までの、不勉強がたたって、まともな質問原稿が作れるのか・・

国民の政治に対する不安は、民主党の政権運営より、自民党が、健全な?野党として、やっていけるのか?の方が大きい!!と思う今日この頃です()

HOME