管理人の独り言
09年1月

3日

新年明けましておめでとうございます

今年からお小遣いサイト『内職!!ケータイde稼ぐ』をリニューアルし、新サイト『ケータイde遊ぶサイト遊とぴあ』を立ち上げました

遊とぴあ』では様々なジャンルの知って得する情報をタイムリーに発信していきます

管理人の趣味に偏った情報になると思いますが、前サイト同様、楽しんで頂ければ幸いです

ご贔屓のほど宜しくお願いします
管理人の怒り ガス抜きの為にだけある『管理人の独り言』コーナーです()

どうぞ、ご容赦下さい

オバマ次期大統領の政権移行期の支持率が全米で82%!!・・日本の総理は何%??

米CNNテレビによると「オバマ氏は過去30年間の大統領当選者の誰よりも国民と良好な蜜月関係を築いている」と指摘した

オバマ氏が指名した次期閣僚メンバーの評価をめぐっては、「傑出、または平均以上」との回答が56%に上り、ブッシュ政権を18ポイント、クリントン政権を26ポイントそれぞれ上回った

また、経済政策では、93年1月時点のクリントン氏の2倍近い支持を得ているという事である

国民が選んだリーダーへの期待の高さが感じられます

我がニッポンでは、国民の審判を受けない総理が、何も対策を打たず国民生活を破壊しつくしても、国民は痛みを耐えるだけの異常事態が続いています

100年に一度の大恐慌が本格化するのは今年からと言われています

日本経済は全治3年』と口から出まかせを言っている麻生では対応できないのは明白である

今年前半の政治・経済の立て直しは・・

米国ではオバマ大統領の下、速やかに『チェンジ』して回復、日本では麻生総理の下、愚図愚図して『遅延』で奈落の底へまっしぐらとなる??

昨年、麻生は100年に一人の阿呆総理として管理人に認定されました()

101年目の今年は、国民や野党の解散要求の声に耳を貸さず、満期まで政権を放り投げずに、ホテルのバーで毎晩、飲んだくれる事を期待しています()

そして9月まで刑期??を全うしたならば『お務めご苦労さんで賞』を進呈します()


10日

『麻生盆暗総理は平成31年迄政治ごっこを続ける決意を表明!!』

麻生さん!!
年初から、やってくれますネ

麻生首相は4日、首相官邸で行った年頭会見で、突然??、筆を手に取り、書き初めを始めた

色紙には、あらかじめ「平成廿十一年新春 麻生太郎」と記されていた

ところが国語辞典「大辞泉」などによると、「廿」は1文字で「二十」を意味し、「下の『十』はいらない」という

やはり、今年も漢字は鬼門だったのか??

しかし、管理人の見方は、マスコミと違います

実は、色紙の日付は麻生太郎がわざと間違えたのである

つまり、日付の平成廿十一年とは『平成20+平成11=平成31年』となり、麻生政権を平成31年まで続けるという決意表明と、管理人は理解した()

本当かいな()

もう、誤字も政策迷走も勘弁してよ

という国民の怒声麻生盆暗総理には聞こえてこないのでしょうか・・

(参考)

盆暗(ぼんくら)

ぼんくらとは、頭の働きが鈍く、物事の見通しが利かないさま(人)

ぼんくらの語源・由来

ぼんくらは、盆の上での勝負に対する目利きが暗いことから、勝負によく負ける人を賭博用語で「盆暗」と呼んだことが語源とされる

別説では、お盆の暑い頃に蔵の土を塗ると乾きが均等にならないため、お盆に造られた蔵を「盆蔵(ぼんくら)」と言ったことによるとする説もある

しかし、漢字「盆蔵」が使われた例が見られないことや、「蔵」は「くら」と読むにも関わらず、「暗」の字に転じた経緯が定かでなく、不自然なことから俗説と考えられる

また、意気地なしのことを「ぼんくら」と言った例があるため、幼児を意味する「坊」が変化した「ぼん」に「盆」の字が当てられたとする説もある

17日
さもしい麻生は解散権を盾に9月の任期満了まで総理の椅子にしがみつく所存です??

麻生太郎首相は10日午後、首相官邸で内閣記者会のインタビューに応じ、衆院解散の時期に関し「(2次補正と09年度予算案の)効果が出る目安を付けないと無責任であり、解散時期は今の時点で決めているわけではない」と述べ、経済状況も考慮する考えを強調した

また、公明党が夏の東京都議選と衆院選の間隔を開けるよう求めていることに対しては「全然無視するつもりもないが、7月だけは絶対外すという気もない、双方にとって一番いい時期を選ばなければならない」と相変わらず優柔不断な受け答えをした 

公明党・創価学会は都議選の前後3ヶ月は避けたいらしい??

学会にとって都議選は、地方選挙とは言え1955年の統一地方選挙で初めて推薦候補を当選させ、その後の政界進出、公明党結党への流れを切り開いた歴史的・政治的な重みがあり、選挙では学会組織をフル回転する事情から、少なくとも都議選の前後3カ月は衆院選を避けてほしいというのが本音である

それでは、都議選の投票日は何時になるのか??

都議会の任期満了は09年7月22日である

公選法上、都議選の投票日は6月28日か、7月に入って5日、12日、19日のいずれかの選択になる

19日は学校の夏休み入りと重なり、そして連休中(20日は海の日)でもあるので避けるとみられる

そうすると、都議選の投票日は6月28日か、7月5日か、7月12日に限られる

もし、麻生が公明党に配慮し、都議選前に解散する場合、衆院選の投票日は遅くとも4月12日(7月12日-3ヶ月)となり、そうなると衆院解散は3月中に限られる

しかし、定額給付金問題、消費税率引き上げ時期明記問題、公務員渡り問題等の問題山積の現状では、09年度予算案の年度内成立も厳しく、3月中の衆院解散は不可能である

かといって、都議選後すぐの衆院解散となると、投票日は8月となるが、今の憲法下では、学校が夏休み中となる8月中に衆院選の投票日を設定した例はない

が、

へそ曲がり麻生なら、国民の迷惑など顧みず、8月投票もありうるが、現実的ではないだろう

管理人的消去法でいくと、麻生政権下では解散が無いという結論がでました()

麻生は『解散時期は麻生太郎が決める』と、ほざいていたが結局は解散時期も自分で決められず、ずるずる任期まで居座りそうだ

なお、戦後で衆院の解散がなく、任期満了で総選挙となったのは1976年12月、三木武夫内閣での1回だけである

今の麻生内閣と似た状況として、象の体鮫の脳蚤の心臓を持つ総理として有名な()蜃気楼(森喜朗)と言われた森内閣があります

01年4月、夏に参院選を控え、支持率がどん底だった当時の首相・森喜朗が「総裁選前倒し」を大義名分に9月の総裁任期切れを待たず辞任し、後継に小泉を選出した例もある

どうやら、自民党執行部は『あの夢をもう一度』を狙っているようであるが、大多数の庶民にとって、郵政解散で自公政権に与えた『あの票をもう返してくれ〜』が本音ではないでしょうか()

24日
米国のファーストレディは大統領就任式に「希望」と「再生」を象徴する黄色のワンピースとコート姿で登場!!

米国のファーストレディとなったミシェルさん(45)は光沢のある黄色のワンピースとコート姿で就任式会場に登場した

黄色は「希望」と「再生」を象徴する色とされ、経済危機にあえぐ国民へのメッセージが込められているとの事である

就任式は新大統領ファーストレディ市民と一体感となった素晴らしいものであった

さすがに、エンターティメントの国である

こんな盛り上がりをみて、アメリカ国民が羨ましくなったのは、管理人だけでしょうか・・

一方、我がニッポン国のリーダーは意固地になって、総理の椅子にしがみつき、任期中は何がなんでも解散はしないと、ぶれずに頑張っています()

国民に支持されず、選挙の洗礼も受けていない政権が愚図愚図と居座っている、こんな状況では、日本の将来はお先真っ暗です

麻生政権下の日本を色でたとえると『黒に近い灰色=絶望の色』でしょうか・・

自公政権はボタンの掛け違いを修正できずに、このまま解散せずに逃げ切ろうとしていますが、自公幹部の本音を替え歌にしてみました

昨年、無期限活動休止を発表したサザン・オールスターズの桑田佳祐氏作詞・作曲の『そんなヒロシに騙されて』の替え歌『そんなタローに騙されて』で、うっぷん晴らしをして下さい()

そんなタローに騙されて

アキバで人気と 耳元で言った
そんなタローにだまされ
路上にたたずむ

漢字は誤読で 阿呆なふりをした
そんなタローの得意は
ブロークン英語のスピーチ

総理にしたの いけないかもね
ホテルのバーは 夜通し熱い
だから一言下さい
タローの資質はメランコリー 
だから自公は不仲さ
支持が消えてく 内閣で

選挙の顔と 私を誘った
あんな男が今さら
許せるでしょうか

自公の仲は 永遠だもの
官房長官 言い続けてる
だからタローに伝えて
解散だけを 待ってる
党の離反が激しい
サイケな春を 国会に

無期限活動休止をして貰いたいのは、サザン・オールスターズではなく、自公政権だと思うのは管理人だけでしょうか・・

31日
弱っちぃ麻生は官僚にも完敗!!

政府は30日に予定していた公務員制度改革の「工程表」決定を、元郵政次官で人事院の谷公士(まさひと)総裁の「抵抗」で、来週以降に先送りした

元々、公務員制度改革にやる気の無い麻生だから予想はされていた事だが、官僚にいいようにされる総理もだらしないものである

こんなに指導力の無い麻生が、国益に影響する外交日程をどんどん決めていくとは、怒りを通り越して、あきれるばかりである

塩川元財務大臣はTBSの番組「時事放談」で、就任してから100日が経過した麻生総理について、 「細かいことにこだわって、総理大臣がうろうろしていたら恥ずかしい、まだ、総理大臣だという意識を持っていないように思う」と述べ、リーダーシップが不足していると批判しました

まったく、その通りである

棚ぼたで総理についた麻生に、覚悟も哲学も無いのが明白になった今、せめて最後は、桜のように散り際の美学を見せてほしいと願うのは管理人だけでしょうか・・

HOME