管理人の独り言
07年08月

4日

戦前レジームの復活を目指す安部自民党が参院選で惨敗した。

しかし、選挙結果がすべて出る前に、早々と続投宣言をした。

しかも、「ワタクチの改革路線は国民に支持されている」とノタマッテおられた。()

選挙中に安部総理自身が「ワタクチをとるかか小沢代表をとるか・・」と政権選択を迫っていたのに、すっかり、お忘れのようである。

自民党の森喜朗元首相、中川秀直幹事長、青木幹雄参院議員会長の3人が29日夕に都内のホテルで会談した際、報道各社の出口調査などから「自民党の40議席割れは確実で、(首相を取り巻く)情勢は大変厳しくなる。もはやこれまでだ」との認識で一致。

その後、中川氏が首相公邸にいる首相に3人の意見を伝え、退陣表明の段取りなどを詰めることになった。

ところが、安部首相は中川氏に対し、「いかなる結果になろうとも首相を続ける」と駄々をこねたそうである。

まるで、太平洋戦争前に、暴走する軍閥に成すすべも無く、破滅への戦争に突っ走った日本政府を見るようである。

『歴史は繰り返す』と言うことか・・と思う今日この頃です。

11日

民主党の参院選大勝利の影響で、与党自民党の国民への対応が微妙に変化してきました。

最も象徴的なのは、民主党が、原爆症認定をめぐる集団訴訟で、控訴断念や取り下げを求める要請書を安倍首相あてに提出した事で、安部首相が原爆症認定基準見直しの検討を表明した事でしょうか・・

要請書では「被爆者の高齢化が進んでいることにかんがみ、政治決断により判決を受け入れるよう強く求める」としている。

しかし、安部首相は基準見直しの検討と原爆症認定をめぐる「裁判とは別」としている。

ここでも空気の読めないKY総理の実力発揮というところですか・・()

18日

株価の暴落が止まらない・・

17日(金)の日経平均終値は前日比874円81銭安い1万5273円68銭で終了しました。

下落率は5.4%となり、米国のITバブルの先行き懸念などから1426円安となった00年4月以来の大幅な下落となりました。

アジア市場でも、韓国の株価指数が前日比3.1%、中国・上海が同2.2%下落するなどアジアの主要市場の株価は下がりました。

ただ、日本時間の夜に発表されたFRBの公定歩合引き下げを好感し、欧州株や米ニューヨーク市場のダウ工業株平均も急反発しました。

株価の下落は金融政策で歯止めを掛けるのは可能ですが、安部政権の支持率下落の歯止めは不可能だと思える事態が次から次と出ています。

最新のゴタゴタは防衛省の人事でしょうか・・()

ここでも安部仲良し官邸団は指導力を発揮できず迷走を続けておりました。

このゴタゴタ状態を、若いぶら下がり記者が総理に質問したら、安部総理は「騒動があるんですか・・」と開き直って、むきになって答えている姿を見て、問題を正面から認めず、答えようとしない、この男の性格というか、資質というものに嫌悪感を感じたのは管理人だけでしょうか・・

25日

日本の世帯の所得格差が、過去最大になった・・

厚生労働省は世帯ごとの所得格差の大きさを表す2005年のジニ係数が0・5263となり、過去最大になったとする「05年所得再分配調査」の結果を発表しました。

このような統計を、参院選後に発表するとは、さすがに姑息な安部政権の面目躍如である。

民主党の参院選選挙時のキャッチフレーズは『生活が第一』でしたので、投票日前に統計を発表すると、民主党を後押しする恐れがあると、安部ボンボン内閣は判断したのでしょうか・・

そんな内閣を、ケンシロウ風に言うと、『お前の内閣は、もう死んでいる』・・と思うのは管理人だけでしょうか・・()

HOME