管理人の独り言
10年9月

18日

民主党代表選に見る政治家の資質

民主党代表選では、菅・仙谷一派が不正選挙を画策している・・
という事前情報や懸念がネット上で溢れていた

当然、小沢陣営は知っていたはずである

あえて不正防止なり、不正摘発をしないのは、菅・仙谷内閣は数ヶ月以内、遅くとも来年3月には、崩壊すると読んでいるからである

しかし、普通の感覚の持ち主であれば、このような不正選挙は許せないであろう

正義感の強い管理人は怒り狂っている()

ネット上では、有名ブロガー達の不正摘発情報が溢れている

しかし、状況証拠しか無いのが現実である

そこで、管理人は小沢派議員に提案します

実際の投票先を確認する手段として、小選挙区300の内、2〜30選挙区を抽出し、党員サポーターに葉書アンケートという形で、要望を聞く案はどうでしょうか・・

文面はこうである

▽▽▽

先般、民主党代表選の投票に、ご協力いただき誠に有難うございます。

ご存知の通り、菅直人が代表に選任されました。

民主党は、今後とも党員・サポーターの皆様のご意見を政策に反映させて参ります

政策立案の参考に、皆様のご要望をお聞かせ下さい。

@民主党が早急にすべき政策を三つ、ご選択下さい。
(番号を○で囲んでください)

1.雇用対策
2.円高対策
3.デフレ対策
4.沖縄普天間基地の国外・県外移設
5.北朝鮮拉致被害者の返還要求
6.政治改革
7.行財政改革
8.税制の抜本改革
9.司法改革
10.その他(具体的な内容を書く欄)

A今度の代表選で支持した候補者の支持理由を二つ、ご選択下さい。
(番号を○で囲んでください)

(菅直人支持の理由)
1.クリーンでオープンな政治が期待できる
2.リーダーシップがある
3.市民運動家出身である
4.演説が分りやすい
5.経済通である
6.その他(具体的な内容を書く欄)

(小沢一郎支持の理由)
1.リーダーシップがある
2.外交政策に期待できる
3.地方活性化が期待できる
4.霞ヶ関改革が期待できる
5.拉致問題解決が期待できる
6.その他(具体的な内容を書く欄)

△△△

以上の文面で、各支部長名で、直接アンケートやメール、又は、往復はがきで、確認すれば、実際の投票動向が確認できるのではないでしょうか・・

もっとも反小沢系議員は協力しないでしょうが・・(苦笑)

続いて、掲示板『阿修羅』より引用です

資質が分かる代表選に関する議員のブログ(olive徳山勝)
投稿者 判官びいき 日時 2010 年 9 月 17 日 21:50:23: wiJQFJOyM8OJo

民主党代表選挙に関し、何人かの民主党議員が自らのブログに、どちらの候補を支持するかを書いていた。中でも驚いたのが、「9月1日の共同記者会見での両候補の決意表明、質疑応答をじっくりと見た結果、経済政策、政治改革、行財政改革、税制の抜本改革について、具体的な施策の深化を示しているので、菅候補を支持する」とした議員がいたことだ。その理由をいずれ述べるとしているが・・・・。

一方、小沢氏支持を表明した議員は、その理由を具体的に述べている。例えば、東京10区のえばたたかこ(江端貴子)議員は、地元の支持者から、「小沢さんに入れたら江端さんは応援しない」という圧力があったことを認め、「自分の今後がどうということではなく、今何をなすべきなのか。それを判断の材料にしたいと考えました」と自らの立つ位置を示した上で、小沢氏支持の理由を次のように述べている。

私はマニフェストの根幹は、政治を国民の手に取り戻し、税金のムダ使いや天下りをなくし、予算の組み替えを行う。皆さんの生活に合った優先順位で国のお金を使えるようにする。これが私たちの政権が一番やらなくてはならないことだと思っております。その観点からすると、現状進んでいる来年度予算の組み方や、国家戦略局の機能の縮小、税金のムダの洗い出しは、その根幹が徹底されていないように思います。

既に結果が出たのだから、この二人の支持理由を虚心坦懐に比較できるだろう。1日の共同記者会見で、菅首相が述べた「経済政策、政治改革、行財政改革、税制の抜本改革について、具体的な施策の深化を示している」と述べた議員は、その推理力が超能力者以上にあるようだ。筆者のような凡人には、とてもそのように理解することはできなかった。それに比べ、えばた議員のブログは読んでいて素直に納得できた。

情けないと思ったのは、地元の支持者の意見を聞いてから決めると、ブログに書いている議員。これでは生徒会の役員以下である。生徒会役員でも「クラスの意見を聞いてから」とはあまり言わない。支持者とは議員自身の政治信念や行動を応援してくれる人たちである。政治家なら、自らの考え・信念を支持者に述べ支持者を説得する。それで離れていく支持者はいずれ離れていくだろう。

民主党支持者の多くは、まだまだマスコミの論調に左右されている者が多い。風向き次第では一瞬のうちに消え、離れていく支持者である。そのような支持者の意見に動かされるようでは、結局は「風」任せになる。自分の信念を支持する人を増やす。それが政治家である。総理を選ぶ民主党代表選とは、自らの政治信念を支持者に訴え、真の支持者を増やす絶好の機会であった。こう云う議員はその機会を失している。

そんな中、石川県の3選挙区で、小沢氏に勝利をもたらしたのが田中美絵子議員。選挙区選挙で落選したが、民主党に吹いた「風」で比例区当選した議員だから、自らの信念を訴え、「風」に頼らない議員に脱皮する努力をしたのだろう。小沢ガールズと揶揄されるが、小泉チルドレンとは違うようだ。逆に菅支持で、自らの選挙区でポイントを落とした石川県の某議員、「風」が吹いても次の議席は危ないようだ。

投票日の両候補の演説を聞いてから決めるとした議員。何をキーにして、どちらの候補者に投票したかを、いまさら問うことはしない。だが、どちらの候補者が政治家として信念、資質、覚悟が優れているかは、誰の眼から見ても明らかだったと思う。政治家として、今後どうあるべきか、この二人の演説から何を学んだかを、ブログで公開することを望みたい。そこで、政治家としての資質が分かると云うものだ。

最後に「ころころと代わる」とか「クリーンな」とかを判断基準にした議員。彼らは国会議員の仕事を勘違いしているようだ。国会議員は、国民の幸せの為に働く職業である。従って、代表を選ぶ評価は、政治理念であり、政策になる。それに比べ、このような議員の判断基準はあまりにも幼稚である。このような「幼稚な」判断力しかない政治家が重要な判断をできるのだろうか。政治家としての資質が問われる。

だから、既にブログやツイッターでは、「クリーン」を唱えた側の「黒い」動きが語られることになる。「ポストやカネ」の誘惑に左右された議員が居たとは、思いたくないが、その真偽のほどは不明だ。各議員の見識が確りして、その評価基準が明らかであれば、そのような話が流れることはないはずなのだ。
 
コメント
01. 2010年9月17日 22:12:14: EAo5YST5jk
最初の深化は今回国土交通相に昇格したようです」
姉葉さんでした。耐震偽装の

02. 2010年9月17日 22:17:38: Nz0tLUvKJI
良い投稿ありがとうございます。
成るほどと納得しました。
今回の選挙は 見事に善と悪をあぶりだしてくれましたね。
いい勉強になりました。

03. 2010年9月17日 23:39:26: lFtrGPhedw
田中氏は小沢氏の指導を忠実に守っている。
特に小沢氏の基本的な選挙方法。
暇があれば地道に地元に足を運び地元の声を国政に届ける。
それから、小沢氏に総理になって欲しく当選時から地道に党員・サポ票集めてたね。
600程サポ集めたからね。

04. 2010年9月18日 00:16:44: Rfxzo0pzvc
田中氏はいの一番に小沢氏支持を表明していましたね。
様子見を決め込む人の多い中、なかなか簡単なことではなかったはず。
肝が据わってますね。

05. 2010年9月18日 01:04:23: lFtrGPhedw
そうそう、菅一派の珍人は地元をおろそかにし1年生ながら政策・政策と言っている。
それに対して小沢系の議員は地元を大事にしている。
これが味噌で政策ばかりやっていても次の選挙に勝てるようにはならない。
地元でふれあい有権者の声を聞いて言っておけば地元との信頼がつく。
そして、同じ比例復活組でもツイッターばかりやってる三宅は落選だろう。
田中は今回の得票見る限り地盤を固めてる。
小沢氏が言う風に頼らない筋肉質になりつつある。
>>04
河村たかし市長が彼女は頑張り屋さんと言って言葉通りですね。
そして早くから小沢氏支持を表明していても負けた三宅(ここは酷いダブルスコアで負けてる)や太田和美は選挙区取れず、福田氏も取れずの中で大健闘だった。

06. 2010年9月18日 01:29:15: TJ2RvmwiCk
帳簿を全て公開し、検察に一年以上も集中的に捜査されも何も出てこないくらい
クリーンな議員が、「クリーンな政治」とか「政治と金」と騒いでる議員の中に
どれだけいるんでしょうねぇ。

07. 2010年9月18日 02:01:10: phguc5ICbg
民主党支持者は一応リベラルと自認している、そしてインテリだと思っている。
又、新聞は朝日新聞、TVはNHKと信じている。
彼らの論調が1番で他のマスメデアは2流以下の人間が読んだり見たりしていると思っている。又権威に弱いので、政治でも党人派は、汚い人種だと見下しているし
綺麗な政治が理想だと思っている。そして自分も綺麗な身だと思っている。
そして、その実態は、公務員であり大企業のサラリーマンであり、そのOB達である。しかも一応高学歴で有るらしい。しかし彼等は、ニューヨーク911事件についても、アポロ月到着についても疑う事も無く信じている。日本では3権分立が機能していると信じ込んでいる。
新聞は、社会の木鐸だと信じている。権威を信じ、低学歴の田中角栄などが
東大出の高級官僚をこき使う事を苦々しく思っていた。
そのような奴らの本質は、無知文盲の似非インテリであり差別主義者である。

08. 2010年9月18日 05:20:00: zxjLuATgHs
小沢一郎は一年生議員に対して、政策云々の前に地元で有権者に接するように指示する。それをマスコミの連中は、議員を政策に関わらせないと言って非難する。
議員の政策力を高める上で何が近道か、小沢は知っており、マスコミの連中は知らないということだ。これは、企業のマーケティングにも通ずる。進むべき道は、理論や知識によってもたらされるのではなく、常に人々との密接な関わりによってのみ、見いだされる。有能なマーケッターやクリエイターは、インタビュー形式の定性調査を繰り返すうちに、このことを実感として理解する。
小沢はマーケティングを熟知しているのである。
一方、薄っぺらな、菅をはじめとする多くの民主党議員やマスコミの連中は、アンケート調査で世論が推し量れると勘違いしている。人間の思いが数値化でき、それに対応すれば売れる商品が作れると言っているようなものだ。そこには、人間に対する気づきや洞察はなく、オリジナリティもクリエイティビティもない。ダメ企業のマーケティングそのものなのだ。
菅は総理大臣というレッテルでしか評価されない。だから総理の椅子にしがみつく。
小沢はその生き様で多くの人々を魅了する。小沢一郎は、一兵卒で終わろうが、敗北しようが、彼の支持者にとってそれは本質的なことではない。例え彼が彼の夢を実現できなかったとしても、彼が存在し続けることによって支持者は夢を見続けることができる。

09. 2010年9月18日 07:37:42: PJ18RQWNTQ
>>08さん
すばらしいコメント有難うございます。
目からウロコの思いです。

引用終了

民主党代表選の葉書は、料金後納葉書だそうである

料金後納とは、日本郵便に、料金を後で1か月分をまとめて払うシステムだそうです

もし、消えた11万枚分の料金請求が民主党本部に来たらどうするんでしょうね・・(

菅総理が不安になって、仙谷官房長官に聞きました

「ばれませんか?」

馬鹿もん!!

官邸の阿波狸と言われる俺が、こんなんで尻尾を出す訳がないだろう・・

俺は人を騙してなんぼの弁護士だぞ・・

その分は当然、官房機密費から払うので完璧だ!!

と仙谷は菅に報告済みである(

HOME